AGAの予防とは『生活習慣』

AGAの予防とは『生活習慣』:禁煙

AGAの予防とは『生活習慣』:禁煙 タバコとAGAは密接な関係があります。
普段からタバコを好んで吸っている人は多いですが、実はタバコは髪に悪影響を与える可能性があります。
というのも、AGAの原因物質としてDHTという男性ホルモンがあるのですが、喫煙者はこのDHTが非喫煙者よりも多いという研究結果があります。
また、ニコチンは血管を収縮させたり、血流の悪化を招くため、結果としてAGAが悪化することに繋がります。
そのため、症状の悪化を予防するためには、禁煙が効果的です。
禁煙を行うことで頭皮の環境が良くなる可能性が期待でき、またDHTの増加を防ぐことができます。
しかし、いきなり禁煙を行おうとしてもなかなか難しい面もあるかもしれません。
今まで好きで吸っていたものをやめるわけですので、吸えない事で逆にストレスが溜まり、薄毛が悪化してしまう可能性も少なからずあります。
そのため、まずは自分の頑張れる範囲で禁煙を始めてみることがおすすめです。

うす毛の予防とは『対策法』:禁煙

うす毛の予防とは『対策法』:禁煙 男性が持つ悩みとして多くの方がメタボ体型と薄毛に悩んでいます。
特に薄毛は見た目も老けて見えますし、苦労が多そうに感じられる事から色々な対策方法やグッズが紹介されていますが、実は禁煙する事でうす毛予防になる事はあまり知られていません。
タバコは百害あって一利なしと言われ、最近は禁煙傾向が世の中でも認知されていますが、中々やめられないと苦労している方も禁煙でうす毛の予防になると分かればやる気が出てきます。
では何故タバコが毛髪に悪いのかと言うと、そもそも毛髪は頭皮の下で巡っている毛細血管から栄養を吸収して成長しています。
しかしタバコを吸うと起こる影響として、毛細血管が縮小し血流が悪くなります。
当然血流が悪くなる為に毛髪に十分な栄養が吸収されないので成長してくれません。
サプリメントや育毛剤で血流を良くしようと思っても、タバコを吸う事で血管が収縮してしまっては効果も半減してしまうのです。
こう言ったメカニズムを理解しておけば、禁煙にもやる気が出てきます。